スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
発達外来
2月19日、1歳8ヵ月14日。

発達外来に行ってきました。


1歳半検診で、ひとりで立てない、

ひとりで歩けないと体の発達でひっかかりました。

で、発達外来に行くように言われました。


産まれた病院で、1歳検診まで受けたのですが、

今回は、いつも診察に行く小児科へ検診に行きました。

希音ちゃんが産まれた病院は、大きい病院で、

なかなか予約がとれなかったりするし、

曜日や時間の融通がきかないので・・・・・

仕事をしてると、1ヵ月先の予約もあやしいのに、

何ヵ月も先の予約なんて無理なので・・・・・


今回、いつも診察に行ってる病院とはいえ、

別室での乳児健診のため、初めての場所に、

希音ちゃんは緊張しまくってました。


まずは、先生に今までの事情を説明して、

今、希音ちゃんの移動方法が、

ハイハイと、ひざ歩きと、つたい歩きで、

一瞬立つことと、2~3歩あるけることを伝えると、

その様子を見せてほしいと言われました。


でも、希音ちゃん、慣れない場所で立ってもくれません。

ちょっとだけでも立ってほしくて立たせようとするけど、

怒って、体を反りかえして、ギャ~ギャ~泣くばかり。

「いや~!あっちいく~!」って叫んでました・・・


でも、先生は、股関節を調べたり、腱反射を調べたり、

泣いてる希音ちゃんだったけど、ちゃんと見てくれました。


で・・・・・、

普通なら、1歳半をすぎて立つことができないと、

検査をすることが多いらしいのですが、

希音ちゃんの場合、きちんとつかまり立ちや

つたい歩きは問題なくできていることと、

言葉の発達には問題ないということと、

今まで、首の座り、寝返り、お座り、ハイハイなど、

体の動きの発達が、すべて標準より少しづつ遅れている、

あと、すごく体が柔らかいという、

いろんな判断から、検査をしなくてもよいだろうといわれ、

体の筋肉がやわらかくて、1歳半をすぎてから歩けるように

なる子がいるという事例を教えてもらいました。


先生が、今少しでもひとりで歩きはじめてるなら、

1ヵ月したら、歩けるようになってるだろうし、

また1ヵ月後に検診してもらうことになりました。


今まで、体が柔らかいとは思ってましたが、

それが原因で歩くのが遅いなんて、想像もしてなくて、

先生の言葉がすごく嬉しかったです。


今まで、検診にいくと、必ず、

「首の座りがちょっと遅いみたいだから、

一緒にうつぶせになって遊んであげてね~」とか、

「すぐ近くにおもちゃがあると動かないから、

広い場所でハイハイしたくなるような

環境にしてあげるといいよ~」とか、

言葉は優しいんだけど、

自分を責められてるみたいに感じる言葉が多くて、

検診に行くの嫌だな~って感じてました。


でも、今回は、今までとは違って、

先生が、原因がなにか、いろいろ質問してくれて、

泣き叫んでても、いつもは出来てることを認めてくれて、

いろんな事例を教えてくれて、

詳しく説明してくれたことで、ほんとに安心できました。


~体が柔らかく運動の発達が遅い赤ちゃん~

「良性筋緊張低下」と呼ばれるそうです。


その発達外来の検診から、1週間。

希音ちゃんは、ひとりですくっと立ちあがり、

ひとりで10歩以上とことこ歩いています。

子供の成長ってあっという間。

先週歩けない~って言ってた子が

1週間後歩いてるんだから、びっくりします。


すごく楽しそうに、生き生きと歩く姿、

みんなにいっぱい自慢しよ~ね。

テーマ:成長の記録 - ジャンル:育児

【2010/03/01 17:27 】 | のの | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<保育園~3月2日~。 | ホーム | 保育園~2月24日~。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。